バンド・エイドは30年

バンド・エイド(絆創膏のバンドエイドではありません)はずっとボブ・ゲルドフが1人で企画したと思っていて、ミッジ・ユーロも企画に加わっていたとは全然知らなかった。ミッジ・ユーロはウルトラヴォックスのヴォーカル&ギターで、「ニュー・ヨーロピアンズ」などのヒット曲がある。

画像

バンド・エイドは、エチオピアの飢饉をきっかけにアフリカの飢餓救済のために企画されたチャリティで、多数のスターが参加した「ドゥ・ゼイ・ノウ・イッツ・クリスマス」をリリースして大成功を収めたのだ。

バンド・エイドはヨーロッパ発だが、これに触発されてアメリカでも多数のスターが参加したUSAフォー・アフリカが結成され、「ウィ・アー・ザ・ワールド」がリリースされてこちらも大成功を収めた。

全く知らなかったのだけど、その後もバンド・エイドはメンバーを入替えつつ何回かレコーディングを行っており、最初の結成から30年経った昨年もバンド・エイド30として新たなレコーディングを行っている。さすがに初期のメンバーはミッジ・ユーロ、ボノ、ロジャー・テイラーと3人くらいしかいないらしいが、30年経ってもまだやるとは思わなかった。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。