標高と海抜の違いは?

前回、本栖湖の芝ざくらの話を書いていて、標高海抜の違いは何だろう、どう使い分けるのだろうと思い、いつものように調べてみた。

標高は東京湾の平均海面を0mの基準面として、そこからの高さ。海抜は近隣の海面を0mとして、そこからの高さ、ということ。

つまり標高と海抜の違いは、基準となる海面が東京湾であるか近隣の海であるかということになる。定義はそのようになっているが、しかし同じ場所なのに標高と海抜で数字が違うと混乱するということで、実際は海抜も東京湾の平均海面を基準として用いているらしい。

つまるところ、標高も海抜も同じというわけである。じゃあ使い分けはどうかというと、山などの高さを表すときに標高が用いられ、津波などの災害対策の表記には海抜が用いられるようだ。

実際の測量ではどうしているかというと、東京湾の平均海面から「日本水準原点」というものを作り、これを基準に全国に水準点を作って、これを基準に各地で高さを測る、ということである。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。