バーフバリの音楽を聴きたいのに

年明けにインド映画の「バーフバリ」を見て、映画としてはそこそこだったけど、気に入った曲が2つあったのでサントラ盤でもレンタルしようと思ったが、ゲオのラインナップに無し。それじゃiTunes Storeでダウンロードするかと思ったがここにも無し。amazonのダウンロードにも無し。CDは売ってるけど、3枚組で約4000円。とてもじゃないが、2曲のために買う気にならない。

ということでとりあえず「DHIVARA」と「PACHA BOTTASI」という2曲をYouTubeで聴いていたが、「DHIVARA」の方の音質がイマイチ。音が割れる箇所があるのだ。なのでYouTubeで検索し直してみると、別の音源が見つかった。こっちは今まで聴いていたものよりずっと音がいい。やれやれ一件落着と思ったら、最後の方に余計な曲が10秒くらい入っている。どうも気に入らない。

なのでまたiTunes Storeで探してみると、今度は見つかった。怪しい曲を端から試聴したらあったのだ。前回なぜ見つからなかったかというと、ジャケットのデザインがamazonで見たのと違い、さらに曲名も違っているからなのだ。

amazonのCDやYouTubeでは「DHIVARA」となっている曲がiTunes Storeでは「Khoya Hain」、「PACHA BOTTASI」は「Panchhi Bolo」となっているのである。これじゃ曲名で探しても見つからないはずだ。試聴してみないとわからない。「PACHA BOTTASI」と「Panchhi Bolo」はなんとなく文字が似通っているけど、「DHIVARA」と「Khoya Hain」は全然違う。

それによく聴き比べてみると、YouTube版とiTunes Store版では歌詞がかなり違うようであるし、アレンジも若干違う部分がある。インドは多言語国家なので、もしかしたらこれらは言語違いのバージョンなのかもしれない。だから曲名の表記も違うのだ。

YouTube版がすでに耳馴染んでいるので、1分程度の試聴でもiTunes Store版にはちょっと違和感がある。せっかく見つかったと思ったのに。

それでもう少し調べてみると、映画「バーフバリ」はテルグ語タミル語の2バージョンあるようなのだ。YouTube版はテルグ語だから、iTunes Store版はタミル語ということなのかも。どうせなら聴き馴染んだテルグ語バージョンが欲しい。

amazonで売っているCDはテルグ語バージョンだけど、4000円はちょっと高い。まだ当面YouTubeで聴くしかないかなと思いつつ、またしつこくamazonのデジタルミュージックで検索してみると、今度はなぜか出てきた。サントラ盤がちゃんとある。やれやれやっとかよと安堵するも、よく見るとこれがマラヤーラム語バージョンなのだ。試聴するとやはり言語が違う。曲名も「Njan Chendena」と「Pacha Theeyanu Nee」。テルグ語、タミル語、マラヤーラム語とこれで3つ目である。いったいいくつあるのか。

なんだか3つも出てきたので曲名を整理すると、
テルグ語では「DHIVARA」「PACHA BOTTASI」
タミル語では「Khoya Hain」「Panchhi Bolo」
マラヤーラム語では「Njan Chendena」「Pacha Theeyanu Nee」

YouTubeとamazonで販売しているCDはテルグ語版、iTunes Storeはタミル語版、amazonデジタルミュージックはマラヤーラム語版である。テルグ語バージョンもダウンロード版で販売して欲しい!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。