世の中うまくできている

ずいぶん前だが、「所さんの目がテン!」を見たら、ハッザという狩猟採集民族の腸内細菌がテーマの回で、食べ物は獲物の肉よりも採集した植物系が多いかとか、腸内にはビフィズス菌が意外と少ないとかいうことを究明した。彼らの腸内細菌の分布を調べるためには、大便から腸内細菌を採取して分析することが必要だが、そういうことを行っている理化学研究所の研究員が辯野(べんの)さんという名前なのだ。

便を調べる人がべんのさん。偶然にしても、世の中うまくできている。昔、ギャグで漫画協会会長「まんがよめお」とか、とんねるずの「保毛尾田保毛男」とかいうのがあった。くだらないけど、ついそういうことを思い出してしまった。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。