リサ・ローブもいつの間にか50歳

1994年の映画「リアリティ・バイツ」のサントラ盤に収録されたのがキッカケで「stay」が大ヒット。曲もいいけど、歌声が非常にいいのだ。いわゆるキャンディ・ボイスである。友人Mと昔新宿にあったリキッド・ルームでのコンサートにも行ったことがある。コンサートではみんな曲に合わせて飛び跳ねるので、床が激しく上下に揺れて、このまま抜け落ちやしないかと恐ろしかった。

stay

最初の頃はリサ・ロエブという表記だったのに、いつの間にかリサ・ローブになった。読み方が変わることが人名ではときどきある。

活動は音楽だけにとどまらず、映画「TATARI」にリポーター役で出たり、フライトナイトのリメイクにも出たりしている。

また竹内まりやの「恋の嵐」をカバーしたりなんかもしている。

まだ現役なのかな?

2件のコメント

  1. 本国ではコンスタントに新録を発表していますよ。子供向けの活動が中心のようですが、グラミー賞も受賞しています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。